【銀行カードローン】三井住友銀行カードローンの特徴まとめ

三井住友銀行カードローンの上限金利は、14、5%とかなり低めなのが特徴です。大手の消費者金融などの上限金利は18%前後なので、いかに上限金利が低いかがわかるでしょう。

契約の限度額に応じて金利が変化するのも特徴で、10万円~800万円の範囲の中から自分のニーズにあわせて選べますが、契約限度額が高くなればなるほど上限金利も低くなっていきます。100万円以下の場合は上限金利は14、5%ですが、700万円~800万円以下になると、上限金利は4、5%とかなり低くなります。

三井住友銀行カードローンでは300万円の契約限度額までなら。収入証明書は提出する必要がありませんが、300万円を超える場合は源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書の提出が必要になります。審査をスムーズにおこなうためにも、あらかじめ会社から収入証明書を取り寄せておくことが大事です。

三井住友銀行カードローンの申込方法ですが、来店は不要で三井住友銀行の口座も持っていなくても申込みができます。本人確認書類や収入証明書などの必要書類もWebから提出できるのも特徴の一つで、郵送をする手間がいらないので簡単な手続きで申込みが完了します。

すでに三井住友銀行の口座を持っている場合は、申込みから契約まですべてWeb上で手続きができるWeb完結が利用できるので、忙しい人にはとても助かります。全国の提携ATMを利用すると手数料が無料なので、よくATMを利用する人にとっては余計な費用がかからずお得です。

三井住友銀行カードローンでは返済方法も3種類から選べるので、自分のニーズに合わせて選びやすいのが特徴で、インターネットバンキングを利用して振り込む方法や、毎月決まった日に自動引き落としをする口座振替、自分でATMから返済する方法があります。

返済日も4つの中から選べるので、給料日の翌日など自分が返済しやすい日を選ぶと、返済を忘れることがなくて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です